睡眠 疲れ 取れない

寝ても疲れが取れない@疲労回復の秘訣は睡眠の質だった

しっかり寝ているのに全然疲れが取れない。仕事の疲れが溜まっていくだけ。睡眠の質を向上させることで疲労回復できる睡眠サプリ・対策法を紹介しています。

 

寝ていても疲れが取れない原因

 

 

睡眠時間はたっぷり確保しているにも関わらず、起きた時に身体の疲れを感じる。寝ても疲れが取れない原因は「睡眠の質」の良し悪しで決まります。

 

睡眠は人間によって必要な重要な要素です。睡眠時には心身の休息・リフレッシュ作用があり、記憶の整理や肉体疲労の回復が行われます。脳が休息を得られるのも深い睡眠時のみなので、熟睡できないと脳に疲労が溜まり疲れが回復されないのです。

 

つまり、良質な睡眠をどれだけ取れているかで疲労回復ぐあいが決まります。

 

寝ても疲れが取れない原因がわかった所で次は睡眠の質を高める改善法をご紹介します。

 

夢しずく

北の大地の夢しずくの特徴

・深い睡眠ができるようになり疲れを解消
毎日きっちり眠って休めるから、朝から元気に活動できる
・1日たった約107円とリーズナブルで続けやすい
仕事もプライベートも楽しめるようになった
・憂鬱な朝を気持ちのよい朝に変わって嬉しい気持ちになれる

価格 3790円
評価 評価5
備考 通常定期¥3790円 お試し定期¥3411円
北の大地の夢しずくの総評

満足に疲れが取れないあなたにピッタリなのが「北の大地の夢しずく」です。
アスパラガスが持つ休息成分誘発物質を配合し、今まで様々な対策を試してもダメだった人でも直接、体内に「休息成分」を取り入れることで誰でもベッドに入って「すやすや眠ること」ができるサプリ。
売ったらそれっきりの会社が多い中、健康管理士と専任アドバイザーによる丁寧なサポートでサプリとのダブル効果が魅力です。

マインドガード

マインドガードDXの特徴

・朝から元気がみなぎる
溜まった疲れを癒やす厳選ハーブをたっぷり配合
・必須アミノ酸を良質な休息に必要なベストバランスで配合
・通常サプリ20粒以上の栄養素を一杯にグッと凝縮されて摂取しやすい
・素材を活かしたドリンクタイプで吸収性と飲みやすさを追求
・天然素材にこだわって厳選した休息サプリ

価格 6810円
評価 評価4
備考 お試しセット(15〜30日分)¥6810円 送料・手数料 無料
マインドガードDXの総評

古来から休息ハーブとして「南ポリネシアン」で重宝されてきた「天然のモリンダシトリフォリア」をたっぷり配合。
天然由来の厳選ハーブにこだわって開発され、疲労回復を効率化する休息に必要な必須アミノ酸をバランス良く配合。
サプリメントよりも吸収性に優れているドリンクタイプのため今まで休息サプリを試しても効果が出なかった人に試して欲しい休息ドリンクです。

Suyattoハーブの休息

Suyatto(スヤット) ハーブの休息の特徴

・モンドセレクション最高金賞受賞
・疲労感がなくなり、心も体も軽くなった
・24種類の和漢植物エキス&ハーブから丁寧に抽出
専門検査期間による放射能物質の厳しい検査体制
・ノンカフェイン、ノンアルコールで場所を気にせず飲める
・ワインのようなボトルでおしゃれで心を落ち着かせるデザイン

価格 3750円
評価 評価3.5
備考 初回限定50%OFF 送料・手数料無料
Suyatto(スヤット) ハーブの休息の総評

24種類の天然ハーブエキス(12種類の休息ハーブ配合)と2種類の休息アミノ酸を配合した休息ドリンクです。
天然素材で抽出しているので依存性などの心配もないので、副作用が心配な人におすすめドリンクです。
栄養素を相互にバランス良く効果を発揮するように伝統医学理論に基づきハーブを配合。

 

疲れを癒やす睡眠の質を高める改善法

 

 

 

副交感神経を優位な状態にする

 

 

自律神経には交感神経と副交感神経があり、お互いに正反対の働きをしています。活動中は交感神経が優位な状態で、睡眠時には副交感神経が優位な状態になります。普通は夜になれば自然と副交感神経が優位になるのですが、寝る前に脳に刺激を与えたり、緊張や不安な気持ちになっていると交感神経が優位な状態になり目が覚めて眠れなくなるのです。

 

スムーズな入眠ができると寝付きが悪い入眠と比べ睡眠の質が高いので、寝る前はリラックスしている状態が理想的です。

 

トリプトファンを多く含んだ食事をする

 

トリプトファンを含んだ食事をすると副交感神経が優位な状態にしやすく自然な眠気を発生させてくれます。トリプトファンを多く含む食材は乳製品や豆類に多いです。

 

普通は寝る直前に食事をとることは避けるべきです。

 

食べ物を消化しようと胃腸が働き始めて目が覚めてしまうので、できれば夕食は就寝の3時間前までに済ませておくのがベストです。そうは言っても仕事が激務で深夜遅くに帰宅するなど時間に余裕がない人の場合は、腹八分目くらいにしておけば胃腸の負担も少なく済みます。

 

トリプトファンを多く含む食材は次のようなものがあります。

 

・アーモンド
・バナナ
・プロセスチーズ
・ヨーグルト
・豆乳

 

部屋を暗めにしておく

 

 

人の睡眠と光は重要な関係があります。人工の光であっても目に光が入ると寝る前でも目が覚めてしまいます。ですから、寝る前は部屋を暗くしておくと副交感神経を優位にしリラックスした環境を作れます。暗さの目安は薄暗いと感じる程度にしておきましょう。

 

寝る時は真っ暗にするか少しだけ明かりをつけておくのが良いですね。ここは個人差が出るのでご自身が真っ暗の方が寝られるのか、明かりがあったほうが落ち着いて眠れるのか試すしかないです。明かりが必要な場合は直接目に光が入らないように壁などに光を反射させて、間接照明にしておくと効果的です。

 

 

就寝3時間の間に深い睡眠に入る

 

人が入眠してから3時間の間が睡眠時に一番疲れを癒やすのに適した時間です。入眠時が一番深く眠れて、起床時間が近くなると次第に浅い睡眠を繰り返すようになります。深い睡眠時に起きると脳や身体が活動する準備が整っていない状態で、活動しないといけないので「頭がボーっとしたり」、「身体がだるい」状態になります。

 

睡眠で疲労回復の効果を最大限に活用したいなら就寝3時間の間が大事だと言うことです。そのためにはスムーズな入眠ができるように気持ちを落ち着かせリラックスした状態になるように、他の熟睡対策を参考に副交感神経を優位にしてベッドに入ったら5分で眠れるように準備を行って下さい。

 

ストレッチで身体をほぐす

 

 

身体が緊張していたり、コリなどがあると睡眠の質が低下します。肉体労働の仕事はもちろん、長時間のデスクワークも身体に相当な負担をかけています。特に肩や首、腰から太もも部分にかけて血流が悪くなり、全身の血の巡りが低下しています。

 

前日の疲れを持ち越さないように寝る前にストレッチをして身体の緊張やコリをほぐして、入眠時に疲労回復の効果を効率的にしておくのが大切です。簡単なストレッチ方法ですが、何もしないよりも効果がありますので試してみて下さい。

 

・首のストレッチ

 

椅子など腰掛けて背筋を真っ直ぐ伸ばし、時計回りに大きくゆっくり首を回す。1周したら同様にゆっくり逆回転させる。

 

 

ぬるめの温度のお風呂にゆっくり入る

 

 

入浴することで身体を綺麗にするだけでなく、肉体的な疲労を取り除くリラックス効果があります。お風呂の温度は少しぬるめの38度くらいのお風呂でゆっくり入って下さい。

 

温度が熱すぎると身体が刺激を感じて目が覚めてしまい、逆効果だからです。眠気が残っている朝に入るのは目覚め効果があるので良いですが、真冬以外はぬるめの風呂がおすすめです。お風呂に入ると血行が促進され、副交感神経が活動しコリやすい首や肩などの緊張をほぐしてくれます。

 

この時にマッサージをすることで、よりリラックス効果を感じやすくなります。特に日中は下半身を下げていることが多く、女性は脚がむくみやすいですね。ふくらはぎ〜太ももにかけてつま先から足の付根に向かって揉んでいくとむくみ対策にもなり、疲れてダルい脚も疲労回復させることができます。

 

 

熟睡に適した温度と湿度にする

 

 

温度が高すぎたり、蒸し暑かったりすると睡眠の質が低くなります。疲労回復するためには温度と湿度の調節は必要です。温度は夏場は25〜27度くらい、冬場は14〜20度くらいが目安です。湿度は50〜60%くらいです。部屋の温度と湿度を調整するにはクーラー・除湿機や加湿機で目安の値になるように調節するのが一番です。最近の家電製品は電気代もだいぶ安くなっており、1日中動かしていても数円くらいしか電気代が掛からないものもあります。

 

身体に合った寝具を使う

 

 

起きた時に背中が痛かったら寝具を見直してみてください。ベッドを長く使っているとマットレスがヘタってきて真ん中辺りが凹んだ状態になります。長時間くの字型になっているわけですから、背中や腰に相当負担が掛かってきます。疲れを回復されるために休息を取っているのに、逆に身体を痛めてしまったら意味がありませんよね。